品質管理

>品質管理
品質管理 2018-01-16T00:21:29+00:00

製造時の品質管理体制

ポリ袋

生産準備
原反外観チェック・厚みチェック

テスト生産
寸法チェック・強度チェック・外観チェック

本生産
100枚目に寸法・シール強度・外観チェック
その後は抜き取りでチェック

クロス

生産準備
原反外観チェック・厚みチェック

テスト生産
寸法チェック・強度チェック・外観チェック

本生産
全量数量チェック・開封チェック・外観チェック
寸法チェック

ロープ

生産準備
材料チェック

テスト生産
寸法チェック・強度チェック・外観チェック

本生産
抜き取りチェック

主に行っている検査項目

規格検査

フィルム製品の規格を測定し、材料や入荷された商品が仕様に合っているかを確認します。

表面検査

フィルム表面を確認し、印刷状態やキズ、穴などを検査します。

重量測定

エンボス加工などの表面に凹凸のあるフィルムは、厚み測定器では測定できません。材料と重量から規格を算出しています。

強度測定

フィルムやシールの強度や伸度を測定します。これによって袋に十分な強度があるかを確認しています。

上記検査以外に、当社はお客様に依頼される検査項目ごとに公的機関または民間の検査機関にて、
さまざまな検査を実施しています。

例えば、

  • 定性分析(鉛、カドミウム、臭素、クロム) 
  • 蛍光X線分析装置にて(インクの有害検査)
  • フレコンバッグの段積み検査
  • 分析試験(生地の有害検査)

など、他にもフィルムやクロスの引張、厚み、伸び、試験など様々な検査機関での実績があるため、ユーザー様のニーズに対応した検査が可能です。それに伴い、JIS規格に基づき当社独自の品質基準表をもうけて国内外メーカー様と品質基準の標準化を図っていきます。

海外工場の品質管理について

仕様書等を基準として、工場に日々生産状況等を確認しています。

定期的な工場視察

出荷前検品等の実施

クレーム0を目指すために

今まで出たクレーム内容をメーカーに関わらず、全てのメーカーと書面とクレーム商品を確認させて共有しています。

統一の品質管理資料を作成し、各メーカーと認識を確認しています。